Skip navigation

メールマガジン「サイエンスメールマガジン日本語版」利用規約

米国科学振興協会(AAAS)

サイエンスメールマガジン日本語版利用規約(以下「本規約」)は、米国科学振興協会(以下「当協会」)が電子メールを通じて配信されるメールマガジン「サイエンスメールマガジン日本語版」(以下「本サービス」)の利用条件を定めるものです。本規約に同意し、当協会による承認を受けた方に限り、本サービスの提供を受けることができるものとします。
本規約の内容は、必要に応じて変更する場合があります。

第1条(メルマガの登録)

本サービスを希望される方は、当協会がサイト上に定める手続きに従って、登録の申し込みを行うものとします。登録されたメールアドレスに対して、本サービスを提供します。

第2条(変更の届出)

本メルマガ登録者は、氏名、メールアドレス等の個人情報に変更があった場合はすみやかに当協会サイト上の「メールマガジン解除」で登録を解除したあと、続いて「メールマガジン登録」にて新しい情報を入力して再登録するものとします。

第3条(サービス内容等)

1.当協会は本サービスを無料で提供するものとします。
2.本サービス内容の詳細ならびに分量・頻度等については、当協会が独自に定めるものとします。
4.当協会は本サービスの内容の変更を本メルマガ登録者に通知することなく、適宜変更できるものとします。
5.当協会はコンピュータ、ネットワーク機器、回線などの故障、停止、停電、天災、保守作業、その他の理由により、本サービスの中断、遅延、または提供を中止する場合があります。

第4条(著作権)

本サービスによって提供される情報の知的所有権・著作権については、原則的に当協会に帰属するものとします。ただし、情報に含まれる商標権等他社が持つ権利については当該社に帰属します。
本メルマガ登録者は、本サービスを通じて取得したデータ等全ての内容について、著作権法で認められた私的利用の範囲を超える複製、転載等を無断で行うことはできません。

第5条(禁止事項)

本メルマガ登録者は、本サービスを利用するにあたり、次の行為を行わないものとします。
1.本サービスで提供される情報、著作物等をネットワークの内外問わず、自らの個人利用目的以外に利用したり、複製、販売、再提供する行為、その他第三者の著作権を侵害する行為。
2.本サービスを営利目的で利用する行為。
3.その他国内外のネットワークの規則に反する行為や法令に違反し、または違反する恐れのある行為。
4.その他本サービスの運営を妨げるような行為。

第6条(資格の喪失)

前条の禁止行為または以下に該当すると当協会が判断した場合、当協会は本サービスの提供を停止することができます。
1.登録時の記載事項に虚偽の内容があった場合。
2.本サービスに対する妨害行為があった場合。
3.その他、本規約に違反した場合。

第7条(免責事項)

1.当協会は本サービスのより完全な運用に努力しますが、運用の中断、停止または廃止によって本メルマガ登録者に損害が生じた場合、当協会は免責されるものとします。
2.当協会は、本メルマガ登録者が本サービスによって得る情報の正確性、完全性、有用性を保証しません。また当協会は本メルマガ登録者が本サービスの利用により被ったいかなる損害についても、その責を負いません。
3.本メルマガ登録者が本サービスの利用に際し、第三者に損害を与えた場合、当該メルマガ登録者は自己の責任においてこれを処理・解決するものとし、当協会に何らの迷惑をかけないこととします。

第8条(規約の変更)

当協会は本メルマガ登録者の承諾を得ることなく本規約を変更することがあります。なお、本メルマガ登録者が引き続き本サービスの提供を受けることによって、当該メルマガ登録者はかかる規約の変更を承諾したものとみなします。

第9条(退会)

本メルマガ登録者が退会する場合は当協会がサイト上で定める手続きに従い退会とします。

第10条(個人情報の取り扱いについて)

本サービスのご登録時お預かりした個人情報は当協会が定める「プライバシーポリシー」に従い適切に実施します。


2008年6月1日制定

 

フォームに戻る