Skip navigation

日本は若手研究者支援への革新的方法を模索している。

日本では、今後数年で相当数の研究者が現役を退くことになり、学問を取り巻く環境を再編するまたとない機会に直面しています。本記事は、日本の科学技術には、前途有望な若手研究者に対しリスクテーキングと自立を促すことに、より大きな重点を置く必要があると説明しています。記事全文(英語)はこちら