Skip navigation

闇の中から姿を現したホモ・ナレディ

Homo naledi comes out of the dark

2015年、南アフリカの洞窟から奇妙な新種のヒト族の化石骨が発見され、人類の系譜に新しい仲間が加わった。今後、多くの論文が発表される見込みだが、60人の研究者による国際研究チームは最初の論文で、少なくとも15個体分に相当する約1,500個の骨について発表した。これらは、南アフリカのヨハネスブルグ北西にあるライジング・スター洞窟の奥深くで、洞窟探検家や研究者たちが発見、回収したものだ。

アフリカでこれほど大量の化石人骨が発見されたことはこれまでなかった。研究チームは、骨はすべてホモ・ナレディ(Homo naledi)のものと結論づけている。ナレディとは現地のソト語で「星」を意味し、洞窟の名にちなんで付けられた。しかし、化石の年代がまだ不明なので、ホモ・ナレディが、われわれ現代人も属するホモ属が出現した約200万年前に生息していたのか、あるいはもっと最近の種なのかを判定するのは難しい。

化石の年代がどうであれ、非常にユニークな特徴を持った新種のホモ属の発見は重要な意味を持つ。研究チームによれば、ホモ・ナレディの身長は、有名な猿人化石「ルーシー」などの初期人類より高く、現代の小柄な人類集団に近い。足と手首は現代人のような形態なので、我々と同様な直立2足歩行をし、石器も製作していたと推測している。その一方で、彼らの小さな脳や長く、曲がった手の指は非常に原始的だ。親指も長く、がっしりしていたので、初期人類のように、捕食者たちから逃れるため、しばしば樹上生活も余儀なくされていたことが伺える。

動物骨がほとんど全くなかった洞窟の奥深い空洞で、彼らはどのようにして、最期を遂げたのかは謎だ。研究者たちは未発掘の洞窟に埋まっている化石群がいずれ、その答えを明かしてくれるだろうと考えている。


新種の化石人骨群が見つかった南アフリカの洞窟深部へ、体をねじりながら進む洞窟発掘者たち

元の記事を見る(英語):http://www.sciencemag.org/content/350/6267/1458